誰も考え付かない打線。

今日の試合も序盤からチャンスをことごとくつぶし残塁を重ね、先制してみたものの追加点が取れず、終盤リリーフ陣がつかまり逆転されるという、今シーズンありがちなゲーム展開でした。


こうなったら、ちょっと思い切った手を打って流れを変えないといけません。
誰も考え付かなかった打線です。



1(中)大島
2(補)松井雅
3(右)平田
4(一)福田
5(左)ナニータ
6(遊)エルナンデス
7(二)亀澤
8(三)周平
9(投)



この打線の第1のポイントは2番松井雅です。
初回だろうが、1アウトだろうが、ランナー1塁だろうが2塁だろうがランナーがいれば2アウト以外すべて松井雅にバントさせます。どうせヒットが出る確率は低くアウトになるのですから、バントしてランナーを進めるという作戦です。
初回からバントさせても全然もったいないという気がしません。


1アウト2塁、2アウト2塁という形で3番平田のタイムリーを期待します。さすがにランナーを貯めての福田は気持ち悪いので、当たっている平田と勝負せざる得ません。


2番目のポイントは7番亀澤です。この狙いは、福田がアウトでチェンジになった次の回、6番ナニータか7番エルナンデスの出塁を期待します。ノーアウト1塁か1アウト1塁で亀澤にバント、得点圏にランナーを進めて周平のタイムリーに期待します。今までは8番は安全パイの松井雅でしたので、ここで周平にタイムリーが出れば大儲けです。

ここが機能すると一挙大量点という可能性もあります。


谷繁よ、このブログを読んでいたらちょっと考えてみてくれ。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。