今日の試合、影のMVPは松井雅人だ。

バルデスとうとう勝ちました。

よくここまで腐らずに辛抱強く投げ続けてくれました。

これで本人よりも、むしろリリーフピッチャーたちのプレッシャーが軽くなり、今後は、今まで苦労してきたことが嘘のように簡単に勝ち星を増やしていくような気がします。


勝敗には関係ないですが今日の試合の影のMVPとして松井雅人に一票入れたいと思います。 7回裏にルナが退場になり8回表から9番に入った福田が1塁の守備につきました。

8回裏は6番から始まりますので1人出塁すれば福田まで回ります。

そして、8回裏ツーアウトから松井雅人が四球で出塁しました。


年に1回しかない浜松の試合でファンの皆さんに福田の打席を見せることができました。

ホームランが出れば最高ですが、途中から入ってセリーグを代表する投手から簡単に打てるほど甘くありません。しかし、もしかしたらという期待感を抱かせてくれました。

福田も見事に空振りをしてくれました。結果はさておき、このような形を作っていくことが大事です。 雅人がそこまで考えていたかどうかはわかりませんが、結果的にこの四球が大きなファンサービスになったのは間違いありません。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。