今回はこれくらいにしといてやろう。

中日対巨人 9回戦 先発は中日小熊(0勝0敗) 巨人高木(5勝2敗)


昨日大野、一昨日吉見で連敗している中日としては、負けられない試合である。

このゲームのポイントは1回の攻防にあった。

1回表 先発の小熊は長野、立岡を簡単にアウトに取り幸先の良い立ち上がりかと思ったところ、亀井に四球を出した。2アウト1塁でバッター4番の坂本だ。

坂本には0-2と追い込み3球目もファウルの後の4球目に亀井に走られた。思ってもみなかった盗塁だ。2アウト2塁になりヒットが出れば間違いなく1点入りそうだ。

5球目インコース低めのシュートをレフトスタンドにもっていかれた。

1点どころか2点取られた。今シーズン得意の2アウトランナーなしからの失点だ。しかも四球絡みの。その後アンダーソンにもヒットを打たれ、怖い阿部を迎えたがここは何とか抑えた。


1回ウラ 先頭打者の大島がレフト線に2塁打を放つ。ノーアウト2塁、もっとも大量点が入るパターンだ。ここで1点でも取れればこのゲーム全く分からなくなるが、無得点で次の1点を巨人が取るとかなり苦しくなりそうだ。
そんなことは百も承知ですと言ったように、2番亀澤はランナーを進めようと右方向へ転がそうとしている、意図が十分伝わるバッティングだ。
そんな亀澤の気持ちを見透かしたかのように、相手バッテリーに 外角低めのカットボールで三振に打ち取られた。あまりにも右方向へという意識が裏目に出た形だ。
これが大島だったら、あまり深く考えずか考えてか知らないがボール気味の外角高めの球をレフト前に落とすか、あるいはショートフライを打ち上げていたことであろう。


ランナー釘付で1アウト2塁、バッターはこのところキャッチャーファウルフライのイメージが強い3番平田。外を4球続けられ1-2から内角のシュートを見逃し三振。ランナーもちろん釘付で2アウト2塁。

4番ルナは2球目のカットボールを力のないセカンドゴロで3アウトチェンジ。


2アウトランナーなしから2点取るチームとノーアウト2塁から無得点のチーム。
完全に勢いの差が出た。3回表、4回表にそれぞれ1点づつ取られ完全に巨人ペース。
7回ウラにようやくノーアウト満塁、バッター小笠原という場面であったが、ダブルプレーの間の1点と、大島のタイムリーによる1点の2点を取るのが精いっぱいだった。
取ったすぐ後の8回表に浅尾が失点し5対2 勝負あった。



ちょっと前までポイントゲッターであった平田、ナニータといったところが打てなくなってきた。ただし、9回ウラ周平のバッティングは粘りがあった。最後はポップフライに打ち取られたが、150キロのストレートとフォークを投げ分ける澤村にファウルで粘り10球投げさせ、ボールに食らいつく姿勢が見えた。正直今まであまり見た記憶がなかった光景だ。 きっかけになりそうな打席だと感じた。


今回の巨人との3連戦終わってみれば見事に3連敗だ。
まあ、今回はこれくらいにしといてやろう。












×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。