今日の日ハム戦、影のヒーローは荒木だ。

日ハム対中日 1回戦 日ハム吉川(5勝1敗) 中日大野(5勝2敗)
好調同士の両左腕投手の先発である。



この試合まず驚いたのが3回表の直倫の先制ホームラン。思ってもみない形で中日が先制した。
さらに、6回表この回先頭の直倫がヒットで出塁、大島のバントをピッチャー吉川がフィルダースチョイスでノーアウト1塁2塁。荒木がきっちり送って1アウト2塁3塁からエルナンデスの打球(記録はタイムリーヒット)が大島に当たり追加点が入り、2対0と中日ペース。


しかし2点で逃げ切れるほど日ハムも弱くない。7回ウラに大野先頭打者に四球を与え、その後2塁打を打たれノーアウト2塁3塁のピンチ。中田にタイムリーを打たれ2対1 なおもノーアウト1塁3塁。次打者近藤四球でノーアウト満塁。普通なら逆転されるような流れだが最少失点でしのいで2対2の同点となる。


同点に追いつかれたすぐ次の回の8回表、この日ラッキーボーイの直倫が四球を選びノーアウト1塁。大島が送って1アウト2塁。ここで出た荒木のヒットが大きかった。1アウト1塁3塁から3番エルナンデスがレフトへ犠牲フライを放ち3対2となり1点勝ち越す。
ちなみにここまでの中日の3得点はすべて直倫がホームを踏んでいる。2アウト1塁からルナにタイムリースリーベースが飛び出し4対2。この4点目も大きかった。これで福谷がずいぶん楽になった。



9回ウラは福谷先頭打者を四球で歩かせ嫌な雰囲気を作ったが後続を断ちきり最後は併殺でゲームセット。
今日の殊勲選手は大野、直倫、エルナンデス、ルナの4人は誰もが認めるところ。
私は荒木を誉めてやりたい。1打席目2打席目は凡退したが、追加点の欲しかった6回表のノーアウト1塁2塁という簡単ではない場面で送りバントを成功させ、勝負どころの8回ウラ、ヒットが欲しい場面でヒットを打った。この場面だけは頼むというところできっちり仕事をしてくれた。

反対に期待はずれだったのが和田。すべての打席にランナーがいたが4打席とも凡退だ。せめてどこかで1本打ってくれていたら、もう少し楽な展開になっていたかもしれない。勝ったからいいものの負けていたら間違いなくA級戦犯だ。

もう一つ、どこのブログも取り上げないであろうというところにもメスを入れておこう。6回大島のバント時のフィルダースチョイス。結果的にノーアウト1塁2塁となり点が入ったのだが、よく考えるとタイミングがきわどかったので野選になったのだ。結果オーライではなくて、取った野手(この場合は投手であったが)が迷いなく1塁に投げるような確実なバントをしてもらいたいものだ。
この試合もバントで送ったランナーがきっちりホームを踏んでいる。



あと、福田、藤井といったところに当たりが止まってきたような気がする。
福田、藤井、亀澤は応援したい選手だが、ここは少し休ませて相手投手の右左関係なく、荒木、周平を出してやってほしい。外野は大島、野本、和田or藤井、という布陣がいいような気がする。



さて明日は大谷対吉見という非常に興味深い対戦だ。大谷ここまで6勝0敗防御率1.66
一方吉見は3勝0敗防御率0.90。ともにここまでホームランは1本も打たれておらず、1点を争う展開になりそうだ。 四球、エラー、送りバントの成功失敗、そういったところが勝敗を分けるのではなかろうか。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。