逆転の発想。

中日2x3オリックス 負投手岩田(0勝1敗)ホームラン大島(3号)


本日はヒット4本しか打っていないにもかかわらず2点取った、大したものである。

どうせ、点が取れないなら、発想を変えてみよう。


1(左)野本
2(中)大島
3(右)藤井
4(一)福田
5(三)堂上
6(遊)エルナンデス
7(二)荒木
8(補)松井雅
9(投)



全体的なコンセプトは守備重視、相手に無駄な点を与えない、後半勝負
1番野本には四球を期待、調子がよければ長打も期待する
2番大島は野本が出塁したら送り、凡退したらいつものように1番のつもりで出塁を期待
3番藤井には何回かに1回、何かをやらかしてくれることを期待
4番福田には三振かホームラン
5番堂上はやや家賃が高そうだがそれに見合った選手になることを期待
6番エルナンデスは好きなように打ってもらう
7番荒木は塁に出たらとにかく走る、チームを元気づける
8番松井雅守備だけ頑張ってもらう



7回、8回位までよくて1,2点しか取れないであろう。何とか相手を3点以内の最少失点で食い止める。
7回、8回、相手投手が疲れてきたところで勝負をかける。
右の代打はルナ、和田、左の代打は小笠原、森野、史上最強の代打陣だ。
今までは1点差でリードして後半追いつかれたゲームが多かったが、今度は後半逆転狙いの作戦だ。序盤から中盤までリードされているので投手陣の精神的負担も軽い。
そして狙い通りに終盤に逆転できれば田島、又吉、福谷で逃げ切る。


ただしこれは、あくまで応急処置であるため、決して本意の作戦ではない。
点が取れるなら、逃げ馬のごとく、最初からリードして逃げ切りたいものである。
いつまでも投手陣に迷惑をかけている野手陣に喝をを入れるためにたまにはこのようなディープなインパクトのある作戦も必要かもしれない。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。