今日のヒーローは大島と藤井だ。

楽天6x7中日 2回戦 勝投手又吉(3勝2敗)セーブ福谷(2勝2敗14セーブ)


この試合のポイントはいくつかあったが、その中でも3回表と8回表の中日の攻撃が勝敗を分けたと言ってもいいかもしれない。


2回表の中日の攻撃 2アウト満塁から松井雅の三遊間への当たり、サードが無理気味にボールに飛びつきタイムリー内野安打となった。あそこは無理に取りに行かずにショートに任せた方がいいと思ったが、次の3回表のショート後藤の守備を見て、サードのウィーラーが飛びつきたくなる気持ちが分かった。


3回表 先頭の亀澤がレフト前ヒットで出塁。ノーアウト1塁。3番平田のショートゴロを後藤がバウンドを合わせきれずに後逸しノーアウト1塁2塁。ピッチャーとしたらあわよくばゲッツーで2アウトランナーなしになりかけた局面がノーアウト1塁2塁ではたまったものではない。4番ルナの当たりはピッチャーゴロで記録はセカンドへの送球がフィルダースチョイスとなったが、私の見る限りではショート後藤のベースカバーが遅れたように見えた。ピッチャーとしたらあわよくば2アウト3塁になりかけた局面がノーアウト満塁ではたまったものではない。
この後、5番森野ファーストへのインフィールドフライ、6番和田三振で2アウト満塁となった。7番藤井、先ほどはチャンスの場面で三振を喫している、ここはどうしても打ちたい場面だ。逆にここを抑えられるとこの試合相当苦しいゲームになると予想されるターニングポイントだ。藤井懸命にファールでボールに食らいつき、10球目を見事センター右への走者一掃の3点ツーベースを放った。ベンチでホッとしている森野と和田の顔が思い浮かぶようだ。 悪いムードになりかけたところで本当によく打った。



この後もお互い点を取り合い6対6の同点の8回表、エルナンデス、松井雅と倒れツーアウトランナーなし。打席には、ここまで3打数ノーヒット1四球の大島だ。誰もがこの回は、ここで終わって、9回は今日ラッキーボーイ的な亀澤からの攻撃に期待と思っていたところ、ピッチャーの青山、大島をストレートの四球で歩かせてしまう。
亀澤の初球に大島が盗塁を決めた。ツーアウト2塁のチャンスになった。
カウント2-2からの5球目をピッチャーの頭を超すワンバウンドの当たりをショートが取って1塁へ送球、亀澤ヘッドスライディングでセーフ、内野安打になった。この時なんと大島が3塁を回ってホームまで帰ってきた。一瞬のスキを見逃さない好走塁だ。
結局この1点が決勝点となった。

9回も福谷が先頭打者にヒットを打たれながらも無得点に抑えた。このようにランナーを出しても、結果として抑えていけば自信と信頼も増してくるだろう。


ヒーローインタビューは亀澤だった。ここのところ当たりが止まっており苦しい思いをしていただけに嬉しかったであろう。これにケチをつける気は全くない。ヒーローインタビューは亀澤でよいだろう。
私が選んだ殊勲選手は、大島と藤井だ。大島はノーヒットであったが2四球の出塁で2度ともホームに帰ってきた。特に8回の盗塁と内野安打での2塁からのホームインは見事であった。 打てる時もあれば打てない時もある。打てない時にどうするかが大事だ。今日の大島のように四球で出塁するなり、盗塁するなり、相手のスキつくなり、仲間を声援するなり、自分のできることを一生懸命やることだ。



明日は、則本と武藤の先発が発表された。両チームともいかにバックがしっかり守って無駄な点を与えないことが勝敗の分かれ目となるであろう。








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。