左対左は本当に投手が有利か?

きょうも試合がなかったので、きょうは投手陣のデータを見てみよう。
対左打者に対して、被打率の優秀な(左打者に対して打たれていない)投手から順に並べてみた。(今シーズンここまで10イニング以上投球している投手対象)



                   勝敗セーブ 防御率 対左被打率 対右被打率

1. 福谷(右) 2勝2敗14セ  3.46     .174        .313
2. 岡田(左) 0勝1敗    2.38           .179             .195
3. 大野(左) 7勝2敗    1.61           .186             .197
4. 浅尾(右) 1勝0敗            2.30           .211             .275
5. 山井(右) 2勝6敗            3.62           .213             .275
5. 若松(右) 1勝0敗            2.67           .213             .206
7. 小熊(右) 0勝1敗            3.00           .256             .167
8. 田島(右) 3勝3敗            1.56        .264             .183
9. 吉見(右) 3勝0敗    0.84      .266             .147
10.高橋(左) 3勝2敗            5.40           .267             .267
11.岩田(右) 0勝2敗    4.50           .269             .333
12.又吉(右) 3勝2敗    3.24           .273             .217
13.武藤(右) 2勝2敗    2.67           .275             .313
14.バル(左) 2勝6敗            3.59           .277             .258
15.八木(左) 1勝5敗            6.58           .389             .254



岡田、大野は左バッターを抑えているというよりも、右バッターも同じように抑えており、左バッターに対して特に有利であるとまで言えないだろう。
意外なのは、福谷、浅尾、山井が、左バッターはそこそこ抑えているのに、むしろ右バッタの方に打たれているということだ。特に福谷は左と右の差が極端だ。
田島、吉見、又吉が右に比べて左を苦手にしているというのは、想定通りであった。
特に田島、又吉はサイドスローなので定跡通りの結果が出ている。
高橋は右も左も同じであった
意外なのはバルデス、八木の両左腕投手が、もっとも左バッターに打たれているということだ。特に八木は左にからきし弱い。これではとても対左バッター用のワンポイントリリーフとしては使えない。



結論として
ドラゴンズの左投手は必ずしも左バッターに対して得意としている訳ではない。
ドラゴンズの右のサイドスローは左バッターが苦手である。
ドラゴンズの右投手は右バッターが苦手な投手もいるし、左バッターが苦手な投手もいる。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。