序盤、中盤、終盤、スキだらけのゲームだった。

中日3-5ヤクルト 9回戦 勝投手小川(4勝4敗) 負投手田島(3勝4敗)


今日のゲームのポイントは3回ウラ 中日の攻撃 ここまで中日1-2ヤクルト
1アウトランナーなしから荒木がヒットで出塁、2番大島の初球に盗塁成功で1アウト2塁。
大島四球を選び1アウト1塁2塁。3番平田も四球で1アウト満塁、この回の小川コントロールが定まらず、チャンスだ。4番ルナが犠牲フライを打ち上げ同点の追いつき中日2-2ヤクルト、なおも2アウトながら2塁3塁でバッター森野。1塁が空いており、四球を想定してくさいところをついて3-0となった。
これは森野四球で2アウト満塁から地元の和田が勝ち越しの2点タイムリーヒット、という願ってもないストーリーが頭に浮かんだが、森野、和田をヒーローに仕立て上げようとはこれっぽちも考えず、全く空気を読まないキャッチャーへのファウルフライでスリーアウトチェンジ。3-0から打つなとは言わない。打つ以上は、せめてもう少し惜しかったという当たりを打ってほしかった。



6回ウラ 中日が1点を取り中日3-2ヤクルト。
7回からピッチャー3人目の田島が登板、ここで和田を下げレフトに藤井が入った。嫌な感じがした。ちょっと早いのだ。以前も似たようなことがあったが、1点差で逃げきれる訳でもなく、こういった守りの姿勢が選手たちに伝わり、プレーが消極的になってしまうことが怖いのだ。
そのせいかどうか知らないが、このあと守りのミスオンパレードで 中日3-5ヤクルト 負けた。 気の毒なのは田島だ。 
野手の皆さん、まさかエラーやミスを雨のせいにしているとは思わないが、明日は雨の降らないナゴヤドームですので、しっかり守ってやってくださいな。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。