がむしゃら流。

きょうは先発が吉見対小川ということで僅差の接戦が予想されましたが終わってみれば14安打9得点、相手を散発5安打1失点に抑えての快勝でした。
それでは試合を振り返っていきましょう。



まずは初回いきなり大島がセンター前ヒット。ノーアウト1塁です。私としては初回に1番バッターが出塁するということは、それだけでその試合の半分くらいの仕事をしたという評価です。それくらい初回の1番バッターの結果を重要視しています。

2番亀澤の打席、初球に大島が走った!!! いいじゃないか! 今まであまり見たことがなかった積極的な攻撃です。 いつものように送りバントや右方向への進塁打もいいが、アウトになれば何を言われるか分からないノーアウトからのスチール。
いいぞ谷繁!チームを元気にするにはまず走ることだ。アウトになってもいいじゃないか、こういったがむしゃらなところが今の中日には必要だ。幸いにも結果盗塁成功でノーアウト2塁。一気に得点チャンスが膨らんだ。 ここはバントでノーアウト3塁の形を作りたいところだが亀澤バント失敗だ。さあどうする? 4球目のカットボールを引っ張って1アウト3塁。よくバント失敗のミスを取り返した。さあ今1番当たっている平田に回ってきた。ここは外野フライで1点取りたいところ。 …だが、ストレートをつづけた後の5球目のフォークボールに空振りの三振。
仕方ない、今の平田が打てなきゃ誰も打てない。ここは相手を誉めるべき。最近変調のルナには期待できずチェンジ。 無得点に終わったが形はできている。悪くない。



1回裏ヤクルトの攻撃を吉見が無得点に抑えた、やはり安定感抜群だ。

2回表は先頭の5番ナニータがヒット。1回に続いてノーアウト1塁の場面、今度はどうする? エルナンデスがセーフティーバント。1アウト2塁だ、悪くないぞ、ナイスアイデアだ、形はできている。点が入りそうな流れだ、周平頼むぞ。セカンドゴロで2アウト3塁だ。アウトになったが今までと何か違う、そうだランナーが釘づけになっていない。ただでアウトになっていない。
松井雅にヒットを期待するのは無理かと思いきや、おいおい打っちまったよ。意外な形で先制点が入った。吉見まで打順が回って、次の回は1番からの好打順だ。



2回裏も吉見、何とか無得点に抑え、3回表の攻撃は、打順よく1番大島からだ。期待に応えてレフトへのスリーベース。最高の形だ、ホームランより大量点が入りやすい形だ。2番亀澤、さあどうやって点をもぎ取る? 犠牲フライを放った!いいのかこんな簡単に点が入って。3番平田ライト前ヒット、おっとまだまだ1アウトからの2次攻撃だ。変調ルナは賢く四球を選び(不調のルナに四球とは今日の小川も変調だ)1アウト1塁2塁から当たっているナニータにタイムリーが飛び出した。3対0でなおも1アウト1塁2塁のチャンスだ。 エルナンデスはファールフライでランナー釘づけだ。できれば2アウトでも2塁3塁にしてほしかった。7番周平タイムリーツーベースで4対0、なおも2アウトながら2塁3塁のチャンス、ここは松井雅が歩かされ吉見がアウト。しかし次の回もまた1番からだ。悪くない流れだ。



3回裏吉見が3者凡退で打ち取る。いい流れだ。4回表大島がまたノーアウトからヒットで出塁した、大当たりだ。ここはセオリー通り亀澤がきっちり1球でバントを決めた。いいぞ、綺麗な形の野球ができている。1アウト2塁から3番平田、今1番期待できるバッターだ。 だがワンバウンドのフォークに空振り三振だ。仕方ない今の平田が打てなきゃ誰も打てない。 おや、気のせいか?最近どこかで聞いたことあるフレーズだぞ。不調ルナでチェンジかと思いきや相手エラーが飛び出し1点追加で5対0。相手が勝手にこけていく、勝つ流れだ。


5回表は1アウトから周平がヒットで出塁し、1アウト1塁バッター松井雅の場面、3ボール2ストライクから周平に走らせた。結果は見逃し三振、盗塁失敗のダブルプレー。次の回はピッチャーの打順からとなった。結果だけ見ると采配ミスと言えそうだが私は良い作戦だと思った。1回目の打席でタイムリーを打ったとはいえ、1割バッターである。こういう当たっていないバッターにはエンドランをかけてやると、迷いなくバットを振ることができるのでバッターにとってもありがたい。しかし、まさか見逃すとは…。こういうケースで走らせたためにボール球を振ることはありがちだが…見逃すとは…。せっかくの谷繁の親心、子知らずと言ったところか。こんなことなら2-2のカウントで走らせればよかった。それならボール球でも振るだろう。
今の中日にはこのようにがむしゃらにプレーすることが大事だ。



色々あって、8回裏6対1から又吉の登板だ。点差は関係ない、先日の嫌な出来事がどうしても頭をよぎってしまうが簡単に3者凡退で打ち取った。9回表は藤井の3塁打等で3点追加。いいぞ何点あっても邪魔じゃない。
9回裏9対1から福谷登板。思い切っていってやれ。満塁ホームラン2本打たれてもまだ同点だ。代打森岡を5球すべてストレートで空振り三振1アウト,あと2人。 次の田中にも2球ともストレートで内野ゴロに打ち取った、あと1人。 ここからだ、山田にも4球ストレートで2-2となったところで初めて変化球のスライダー。雅、ここは小細工はいらない、打たれてもいい、みえみえのストレート勝負だ、6球目ストレートをファウル、7球目ストレートをセカンドフライ、 スリーアウト。 勝った…。



たかが1勝だがとても大きな1勝に思える。
又吉、福谷、谷繁、本当に乗り越えたかどうかは分からない。
だけど、がむしゃらさは伝わった。3人にこの言葉を贈ろう。
「大変良くできました。」











×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。