助っ人デー。

中日3-3巨人 13回戦 先発 中日鈴木翔太 巨人マイコラス


今日の試合の見所は3回ウラ中日の攻撃。

先頭打者の1番遠藤が初回に続きヒットでノーアウトランナー1塁。今日の遠藤5打数3安打猛打賞、徐々に結果を出し始めた。大島の1番よりずっといい。

2番友永はセンタフライでランナー釘付け。大島の役割をきっちりこなしている。(大島への皮肉です。)


3番平田はヒットで1アウト1塁2塁(球宴に選んでくれた原監督への恩返しだとしたらまだまだ足りない)

4番ルナはセンターフライでランナー釘付け。(大島…くどすぎる、しまいには大島ファンに怒られる)


2アウトランナー1塁2塁バッターは初回に先制のチャンスで凡打した5番ナニータだ。

(ココデウツタメニオレハ、ミスタータニシゲニ、ツカワレテイル。ココデキタイニコタエルノガヤマトダマシイネ)とナニータが思ったかどうかは知らないが2塁打を打ち、中日1-2巨人 なおも2アウトながら2塁3塁のチャンス。


バッターは6番エルナンデス。(ワカイスズキガ、ガンバッテナゲテイル。エンドウモチャンスヲモノニシヨウトケンメイダ、ナニータモツヅイタ、オレガウタナイデドウスル。)とエルナンデスが考えたかどうかは知らないが、2点タイムリーヒットで中日3-2巨人 逆転。 なおもエルナンデス2塁を奪おうと、よくばりな走塁でアウトになりチェンジ。(なおもの使い方がちょっと違う)この後もエルナンデス守備ではエラーもやらかし、この試合やりたい放題だ。


4回表、逆転してもらった次の回だけにできれば3人で抑えたいところだが、そこは若い鈴木、バッターを抑えなければいけないところを、ボールの抑えが利かず連続四球でノーアウト満塁としてしまった。(イチバンヤッテハイケナイコトヲ、ヤッテシマッタ)カタカナにする必要はないが、ここで鈴木から野村にチェンジ。このピンチを1点んで抑えた。

結局この後両チームともチャンスをつぶし続け、このゲーム引き分けとなった。


きょうは、山井と菅野の先発だ。そう簡単には打てないだろうが、粘り強く攻撃し少ないチャンスを得点に結び付けてほしい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。