美しい攻撃。

阪神0-3中日 13回戦 勝投手若松(2勝1敗) 負投手岩田(5勝4敗) セーブ福谷(2勝2敗18S)


本当に久しぶりにそつのない攻撃を見た。
この試合6回まで両投手ともランナーを出しながらも要所を締めともに無得点。
7回表中日の攻撃
先頭のこのところ元気のない和田がライトフライで1アウト。
きょう6番に入っている藤井が内野安打で1アウト1塁。
岩田の暴投もあり1アウト2塁から堂上四球で1アウト1塁2塁。
8番桂がライト前ヒットで1アウト満塁となった。
ここで中日ベンチ、若松に代えて代打森野で勝負に出た。
森野、打った瞬間は軽く犠牲フライと思ったが、タイミングは意外に微妙だった。藤井が好スライディングで1点先取。


7回ウラは高橋、田島で無得点に抑えた。


8回表、1点差で逃げきろうというのは虫がよすぎる。もう1点欲しいところだ。
今日2番に入っている先頭の荒木が好走塁でセンターへの2塁打。シングルでなく、トリプルでもなくダブルというところがいい。これがこの後無駄のない美しい攻撃につながっていく。
3番平田、右打ちで1アウト3塁の形を作りたいところ、見事にセカンドゴロでその形を作った。ここでランナー釘付けの凡打になると一気に流れが悪くなるところだった。
4番ルナはもしかしたら歩かされるのではないかと思っていたが、勝負に来た球を簡単に(簡単そうに見えた)ライトへの深い犠牲フライを打ってくれた。全く無駄のない攻撃だ。寿司職人の握る姿や料理人の包丁さばきが美しいのはその動きに無駄なところが全くないためだが、ここの中日の攻撃も何一つ無駄がなく美しかった。
さらに2アウトランナーなしから、大島がヒットで出塁、盗塁を決めた後藤井がレフト前へタイムリーヒットを打った。ここもそつのない攻撃でこの1点が阪神にとってさらに重くのしかかった。


9回ウラは福谷が先頭打者にヒットは打たれたものの後続を断ち切った。
こんな勝ち方、久しぶりに見た気がする。
犠牲フライで点を取り、盗塁とタイムリーヒットでダメを押し、先発投手に勝ちがつき、クローザーで締める。 理想的なゲーム展開であった。
やるじゃないか、ドラゴンズ。 明日の試合も期待がもてそうだ。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。