平田デー。

広島2-3中日 14回戦 勝投手又吉(5勝3敗) 負投手ヒース(0勝4敗)


オールスターも終わり後半戦のスタートである。どこのチームも良いスタート切りたいのは同じだ。中日は相性の悪いマツダスタジアムで唯一1勝をあげているが、その時先発したのが若松で、相手は黒田だった。その試合は2対2のまま延長に入り、延長11回表に平田がヒースからソロホームランを打ち中日が3-2で勝った。


中日はその若松を先発にもってきた。が1回裏にいきなり丸のツーランホームランで先制された。相手の先発はジョンソンだ。ジョンソンから点を取るのは難しいと思っていたら、2回表に平田のツーランホームランですぐに追いついた。


そこから両チームともランナーは出すもののあと1本が出ず若松は5回、ジョンソンは6回でマウンドを降りリリーフ投手に後を託した。
8回表3番手のヒースから平田がホームランを打った。広島2-3中日。
おっとこんな展開前にもあった気がするぞ。その時は福谷が最後抑えている。


今日も9回ウラ福谷が出てきた。先頭打者は苦手にしている右バッターの梵だ。なんとなく嫌な感じがしたが、ストレートの四球を出してしまった。ノーアウトからの四球は点になりやすい。次のバッター代打會澤は送りバントで1アウト2塁。正直半分くらいありがたかった。ここで代打野間が告げられた。大丈夫だ、左バッターにはそうは打たれない。ショートゴロに打ち取った、ランナーを2塁に釘付けにしたのも良かった。
1番に返って田中も左バッターだ。ストレートばかりで三球三振に打ち取った。
勝った。平田の4安打3打点、見事な働きであった。
また、若松の後、又吉、田島、福谷で無得点に抑えたのも大きかった。又吉は危ない場面もあったが、ここにきて田島が安定しているのはありがたい。


誰に勝ちがつこうが、どんな形であろうが、とにかく勝つことが大事だ。
明日は広島野村、中日山井の両右腕が先発だ。
山井は前回の広島戦で危険球退場となっているだけに、今回は汚名返上のピッチングを期待したい。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。