うっそでしょ。

中日6-4DeNA 15回戦 勝投手西川(1勝0敗)負投手平田(0勝2敗)セーブ田島(3勝5敗2S)


先発は中日吉見、DeNA三浦の元エース同士(元はちょっと失礼か)の対戦となった。
無理をさせたくない吉見は5回1失点でマウンドを降りた。一方三浦は7回1失点勝投手の権利を持ってマウンドを降りた。8回表を終わって中日1-4DeNA 正直言ってこの試合負けたら、今シーズン終わりと思っていた。たぶん多くの中日ファンが今日もやはり負けかと思っていたことであろう。


8回ウラ、代わったDeNA2番手ピッチャー平田が、この回先頭打者の平田に四球を与えた。3点リードの場面で1番やってはいけない先頭打者への四球だ。続く和田はショートゴロで1アウト1塁。併殺キングの和田が併殺にならなかった。これが大きかった。
続く森野がライトへヒットを打ち1アウト1塁2塁。このあたりからもしかしたらという空気になってきた。エルナンデスがセンターへヒットを打ち1アウト満塁のチャンスとなった。 ここからだ、ここからあと1本が出なかったという言葉を嫌というほど聞いてきた。バッターは桂に代わり代打藤井だ。昨日はいい当たりのファウルがあり、状態はそんなに悪くはないはずだ。3ボール2ストライクからの7球目をファーストへの内野安打で中日2-4DeNA。なおも1アウト満塁のチャンス。バッターは代打亀澤、ここは押し出し狙いかと思っていたら、ピッチャーを左の大原に代えてきた。
バカめ、実は亀澤  右投手には.266だが左投手からは20打数8安打の.400を打っているのだ。 しかし何とここで中日ベンチは、対左 4割バッターの亀澤を代えて右の代打赤坂で勝負をかけた。この代打の代打が正解で赤坂ベンチの期待に応えライトへの2点タイムリー2塁打を打った。中日4-4DeNA 同点だ。実はこの赤坂右投手には.400、左投手には.625というとんでもない打率を残していた。こうなれば後は押せ押せだ。遠藤は倒れたが大島が2点タイムリーを打って中日6-4DeNA。
9回表は田島が3凡締めで危なげなく逃げ切った。へえーこんな試合できるんだ。
だったら、もっと早くからやっとけと言いたいところだ。


明日は大野が先発予定だ。ここのところ3連敗をしておりいくらなんでも、もうそろそろ勝ってくれるだろう。相手投手は左の石田だ。こんなスタメンでいって欲しい。
1(遊)遠藤
2(二)荒木
3(三)ルナ
4(右)平田
5(左)赤坂
6(中)藤井
7(一)福田
8(補)杉山
9(投)大野


この打線は、対左投手というよりも勝ち運をもった選手、可能性を秘めた選手たちだ。
「人生がときめく片づけの魔法」の著者こんまりさんも言っている。捨てるか取っておくかの判断基準は、心がときめくかどうかだと。
ファンの方には申し訳ないのだが、大島、森野、和田、エルナンデス、…ときめかないのだ。 遠藤、赤坂、福田 たとえ打てなくてもときめきのようなものを感じる。荒木の走塁には凄みを感じる。 藤井、やらかすんじゃないかというプラスもマイナスも期待値が高い選手である。 ここまで来たら計算できる選手を使っていてはだめだ。
残り45試合を25勝20敗ではしょうがないのだ。
10勝35敗するかもしれないが、35勝10敗できる可能性もある選手たちを使うべきだ。
まだあきらめてはいけない。将棋と違って野球は投了が無いのだ。王様が詰んで動けなくなるまで戦わなくてはいけないのだ。 もう一度言う、まだ終わっていない。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。