トーナメント。

中日1-2DeNA  16回戦 勝投手石田(1勝1敗) 負投手大野(9勝7敗)


大野が今日で4連敗、いつの間にか10勝しても10敗する投手に近くなってきた。
ただし、今日の試合大野を責める気は全くない。7回2失点、上等である。
エースだったら味方が1点しか取れなかったら0点で抑えろというのは、大昔の野球である。エースが2点に抑えているのだから、野手が3点取らなければだめだ。


今日の試合ヒット3本では勝てない。そのうち2本が平田なので、他はほとんど抑えられてしまったということだ。じゃあ何か工夫をしましたかと聞きたい。


1番遠藤 3打数1安打1死球。2度の出塁は1番としては及第点か。
2番大島 4打数0安打。右左関係なさそうなイメージがあるが実は左には.228(右.298)と結構左投手を苦にしているのだ。こういう選手こそ左右によってスタメンを入れ替えるべきだ。
3番ルナ 3打数0安打1四球。最近の調子なら、この選手も右左で森野と併用しても良いかもしれない。
4番平田 4打数2安打。今日の試合、孤軍奮闘したが、一人では勝てない。
5番エルナンデス 3打数0安打1犠打。荒木でも亀澤でもエルナンデスよりはましだろう。
6番赤坂 2打数0安打1四球。毎試合結果を求めるのは酷だ。続けて使ってほしい選手である。
7番藤井 3打数0安打。レフトではなく大島に代えてセンターで使うべきだ。
8番桂 2打数2三振。一時の勢いは完全になくなった。しばらくは杉山固定でいって欲しい。


明日からはヤクルト戦だ。先発はネイラーと古野。どんな展開になるか全く予想がつかない。 今日から夏の甲子園大会も始まった。 中日と共通していることが一つだけある。 どちらもこの先1試合でも負けたらそこで終わりだ。 目の前の試合を勝つことだけを考えてほしい。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。