若松、月間MVP狙ってみろ。

中日4-1ヤクルト 18回戦 勝投手若松(5勝2敗) 負投手新垣(3勝10敗)セーブ田島(3勝5敗3S)


気がついたら4対1で勝っていたというような試合であった。初回に相手のミスもあり貴重な3点を先制した。昨日と同じように4回に追加点をあげ4回を終わって中日4対0ヤクルト。 若松は毎回のようにランナーを出したがあと1本を打たさずに7回1失点でマウンドを降りた。8回又吉、9回田島がランナーを出しながらも、要所を抑え無得点に抑え結局、中日4-0ヤクルト。圧倒的な強さを感じないが、終わったら勝っている。 落合監督時代の強かった時のドラゴンズみたいだ。


欲を言えば、7回ウラ ツーアウト1塁2塁でバッター4番の平田。今日ここまでノーヒットであったがこの打席だけでも打ってくれたら、ヤクルトも戦意喪失し8回9回がかなり楽になったと思うのだが、残念ながらレフトフライに倒れた。まあ、結果的に勝ったので良かったが、取れそうなときにはとっておいた方がよい。それで今までずいぶん辛い思いをしてきたと思うので。


今日勝ったことにより、43勝56敗。残り42試合を32勝10敗が目標だ。そうすると最終的に貯金9、現在首位チームが貯金3だけに十分優勝を狙える数字だ。
なにもびっくりするほどの数字でもない。マジック32だと思えばよいのである。
ソフトバンクだってあれだけ勝っていてもマジック36である。


明日は山本昌が先発予定である。まさかヤクルト打線が空気を読んで手を抜くことはないであろうが、多少はやりにくいかもしれない。そんなことは関係なく山本には自身に勝ちがつけば1番良い形だが、悪くてもチームが勝てるような投球をしてほしい。
合言葉は、目の前の試合を勝つこと である。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。