吉川デー。

中日2-7巨人 18回戦 勝投手ポレダ(7勝5敗) 負投手ネイラー(1勝1敗)


救世主となりそうな雰囲気もあったネイラーであったが、きょうはよくなかった。
まず1回表、1番立岡をファーストゴロに打ち取ったが、2番元ドラゴンズの吉川に2塁打を打たれた。これがシングルでなく2塁打というのが痛かった。2アウトから阿部のタイムリーで1点先制された。


2回表は先頭バッター(片岡)に四球という1番やってはいけないことをやってしまい、続くバッター(小林)にもバント構えからツーストライクを取ったものの走られたりなんやかんやで最後は連続四球という1番やってはいけないことをやってしまった。(どっちが1番なんだというツッコミが聞こえてきそうですが)しかもノーアウト2塁からランナーが走るというちょっと考えられない作戦で、ノーアウト1塁3塁となった。結局この3塁への盗塁が生きて立岡の犠牲フライで2点目が入った。


一方中日は2回ウラ先頭打者の平田がサード吉川のエラー(悪送球)でノーアウト2塁のチャンスをもらった。ノーアウト2塁は最も大量点が入りやすいシチュエーションだ。だが続く和田が三振でランナー釘付で1アウト2塁。続くエルナンデスは詰まった当たりの内野安打で1アウト1塁2塁となった。バッターはこのところ全く当たっていない福田だ。それでも福田、ファウルで粘りながら貴重な四球を選んで1アウト満塁のチャンスとなった。バッターは8番桂、ここがポイントだった。ストライクだろうがボールだろうがファウルで粘ったが9球目のボール球をハーフスイングで三振。しかしこれがワイルドピッチとなり1点入る。9番ネイラーもフルカウントまで粘ったが最後は空振り三振。ここまで中日1-2巨人。次の1点をどちらがとるかが重要だ。


4回表この回先頭の6番亀井が四球で歩く。先頭打者への四球は1番やっていけないことだ。続く片岡ライトへのヒットでノーアウト1塁2塁。やっべーぞと思っていたら8番小林にタイムリー2塁打を打たれた。中日1-3巨人 なおもノーアウト2塁3塁の大ピンチだ。9番ピッチャーのポレダは三振で1アウト2塁3塁。バッターは1番に戻って立岡。ここは何とか三振にとり2アウトまで来た。
しかしながら次の吉川に今日2本目の2塁打を打たれ、これが2点タイムリーヒットとなった。中日1-5巨人 この2点が痛かった。


5回ウラ中日はネイラーに代わって代打藤井。こうなったら何かをやらかすしかない。こういう計算できない選手を使うのは正解かもしれない。藤井はショートゴロに倒れたが、1番大島がヒット、2番荒木が2塁打で1アウト2塁3塁のチャンスとなった。3番ルナが死球で1アウト満塁。バッターは4番の平田だ。強いチームの4番はこういうところで必ず結果を出している。 ただし弱いチームは、せいぜいボテボテの内野ゴロで1点取るのが関の山だ。中日2-5巨人。 それでも2アウトながら2塁3塁のチャンスだ。ヒットが出れば1点差に詰め寄り全く分からなくなる。
強いチームのクリーンアップならばヒットが出るであろうが、弱いチームでは低めのボール球の変化球に手を出し三振に倒れるのが関の山だった。


このあと8回表にダメ押しの2点を取られ勝負あった。ここでも巨人打線2番吉川のつなぎのヒットが利いており、きょうは2番に起用した吉川が原監督の期待に見事応えた。この吉川9回ウラにも今日2個目のエラーをやらかしており、本日5打数3安打2打点2得点2失策というまさにやりたい放題だった。


今日も負けて5連敗となった。またトンネルに入ってしまった。トンネルの多さは山陽新幹線並みである。43勝61敗 残り37試合 32勝5敗が目標だ。勝率8割6分4厘である。ちょっと厳しい数字だ、いやちょっとどころではなくかなり厳しい。


明日は中日濱田達郎、巨人高木勇人が先発予定だ。もしかすると濱田は早い回にノックアウトということも十分考えられる。中日が勝てるとしたら、最少失点に抑え、後半数少ないチャンスをものにするしかない展開であろう。この若い濱田にもう一度救世主になってくれというのは虫がよすぎるかもしれない。
まだ、あきらめてはいけない、このトンネルを抜けた先にはのぞみがあるかもしれないし、ひかりが見えるかもしれない。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。