あの男が帰ってきた。

中日3-0巨人 19回戦 勝投手山井(4勝10敗) 負投手高木勇(7勝8敗)セーブ田島(3勝5敗4S)


きょうの先発は中日が濱田達郎、巨人が高木勇人。

どちらも5回までは無失点に抑えた。濱田の方は4回あたりからボールがばらつきだし、それでも5回はなんとか切り抜けたが、6回は3つの四球で1アウト満塁となったところで降板した。リリーフは先日の山本昌のアクシデントのあと緊急登板した山井だ。

ここで巨人は、村田に代えて、代打阿部を使ってきた。村田、きょうはサードゴロとセカンドゴロで内容も良くなかったのだが、それでも村田に代打を出せる原監督は大したものである。村田も怖いが、阿部も怖い。きょうの試合の行方を左右する大きなポイントであった。山井、阿部にセカンドゴロを打たせ4-6-3のダブルプレーに打ち取った。まさにおあつらえ向きという言葉がピッタリであった。


これで流れが一気にドラゴンズに傾いた。6回ウラ、ピンチの後にチャンスありという言葉通りの展開になった。先頭打者の大島がライト前にヒットを打つと、2番亀澤は初球で送りバントを決めた。いい流れだ。3番ルナは打ちたくて仕方ないところだったがボール球をよく我慢して見極め四球で歩き1アウト1塁2塁。バッターは4番平田だ。強いチームの4番ならこういう場面で何とかしてくれるのだが…外角のボール球を軽打でライト前に落とした。大島も良く走って待望の先取点だ。中日1-0巨人。


なおも1アウト1塁3塁のチャンスで5番和田。初球の高目を強引にひっぱたいた。打球はフェンス直撃のツーベースヒット。中日2-0巨人、なおも1アウト2塁3塁。バッターはエルナンデス。巨人の内野守備体系はもう1点もやりたくないという言葉が聞こえてきそうな思い切った前進守備だ。エルナンデスどうするのかと思ったら、意表を突くセーフティースクイズだ。平田も好走塁で貴重な3点目を奪った。中日3-0巨人。


こういう野球を待っていた。クリーンアップは、2本、3本ヒットを打つのもいいが、この場面だけは打ってほしいというところで1本打てばよい。この6回は大島も、亀澤も、エルナンデスも、やるべきことができた。


7回表は山井が8球で三者凡退に抑えた。7回ウラは中日も代わった土田に三者三振に打ち取られる。そして8回表、背番号41番が1軍のマウンド帰ってきた。浅尾拓也、正直言ってちょっと、心配だった。 1番立岡をフォークで空振り三振に打ち取ると、2番元同僚の吉川には初球きわどい内角球でのけぞらせた。吉川はびっくりした様子でバットに滑り止めのスプレーをかけ直しに行った。浅尾は何事もなかったようにピッチングをつづけ、5球目のフォークで二者連続三振だ。 なんだか涙が出そうになってきた。 いい意味で、やっべーぞ浅尾。 3番坂本2球目の甘いストレートだったがセンターフライに打ち取った。 この試合勝てる、いや勝たなければいけない試合になった。


8回ウラは2番亀澤、3番ルナ、4番平田と三者凡退だ。そうだこれでいい、下手に1点2点取ってセーブがつくのつかないの、だったら違う投手を出すかとか、面倒なのだ。 さっさと回を進めて3点差で今のクローザーの田島、それでいいのだ。

9回表は田島がこの流れにうまく乗って長野、亀井、阿部を内野ゴロに打ち取り三凡締めだ。ファーストに森野、サードに堂上を入れて守備固めをしたのも良かった。こういう細かいところをきっちりやってほしい。


久しぶりの勝利で44勝61敗 残り36試合 目標は31勝5敗だ。

今日の試合で潮目が変わった。 とまでは言わない。でも今日のような試合を続けていって欲しい。 球場に足を運んだファンは最下位だろうが、借金がいくつだろうが関係ない、目の前の試合でドラゴンズが勝つところが見たいのである。


明日の先発は中日若松、巨人大竹、できれば早い回に大竹をノックアウトして欲しい。

もし明日そのような試合ができれば本当に潮目が変わるかもしれない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。