まだツキは残っている。

中日3-2巨人 20回戦 勝投手若松(6勝2敗) 負投手宮国(3勝1敗)セーブ田島(3勝5敗5S)


苦しい試合だった、今までのドラゴンズだったら9回表に逆転されていたであろう。
先発は中日若松、巨人は大竹だ。


先制したのは巨人、2回表ノーアウト満塁から片岡のタイムリーヒット中日0-1巨人。
なおもノーアウト満塁、しかしここから8番小林、9番大竹、1番立岡を三者連続三振で最少失点の1失点で切り抜けたのが大きかった。
一方ドラゴンズは4回ウラに追いつく。先頭打者の大島がヒットで出ると、亀澤が送って1アウト2塁。ルナは倒れたが、4番平田が昨日のように軽打でセンターへタイムリーヒット。中日1-1巨人、同点に追いついた。


6回ウラ中日にチャンスが訪れる。先頭打者の3番ルナがバットを折りながらもツーベースヒット。続く4番平田が左中間のまん真ん中を破る連続ツーベース中日2-1巨人逆点だ。和田四球、エルナンデスはフライアウト、遠藤四球で1アウト満塁となった。中日ベンチは杉山に代えて代打森野。期待に応えて、深めの外野フライで平田がタッチアップホームインで中日3-1巨人、貴重な追加点を奪った。欲を言えばもう1点欲しいところだったが、代打藤井は空振り三振。


7回表は浅尾が出てきた、てっきり山井かと思っていたが浅尾、山井、岡田、このあたりの順番は相手打線との兼ね合いも考えているのだろうか。
浅尾先頭打者の立岡にヒットを打たれ、ちょっと嫌なムードだ。しかし続く代打橋本のピッチャーライナーを持ち前のフィールディングの良さでキャッチするとすかさず1塁へ投げ飛び出していた立岡をアウトにした。さすが見事なフィールディングだ。しかし巨人も粘る、坂本が四球で出塁した。4番阿部、一発が出れば同点である。ここでピッチャーを左の岡田に代えた。バッテリーは阿部との勝負にランナーを気にする余裕がなく、2塁へ盗塁された。さすが坂本である。100%セーフの確信がなければ走ってはいけない場面で、きっちり成功させた。
ここで阿部がフルカウントから打った瞬間入ったかと思われるフェンス直撃のタイムリーヒット。中日3-2巨人、1点差だ。分からなくなった。


8回表は岡田、山井の二人がかりで無失点に抑えた。
8回ウラに中日は2アウト満塁のチャンスを作るも、大島ピッチャーゴロで無得点。


9回表はもちろん田島、先頭打者の代打井端にヒットを打たれた。1番立岡には2塁打を打たれノーアウト2塁3塁の大ピンチとなった。これは、安く見積もっても同点までは仕方がないだろう。下手をすると逆転されそうだ。
だがここで2番橋本がファーストゴロでランナーのまずい走塁があり2アウト2塁となった。まだツキが残っていた。坂本は四球で、2アウト1塁2塁、バッターは先程ホームラン性のフェンス直撃ヒットを打った4番阿部だ。田島ここはピッチャーゴロに抑えてなんとか逃げ切った。まさに綱渡り、奇跡的な勝利と言ってもいいかもしれない。


中日2連勝で 45勝61敗 残り35試合 目標は30勝5敗だ。
計算がしやすくなった、残りを6勝1敗ペースでいけばよい。


平田が4番らしい勝負強さを見せ始めた。投手陣も打たれはするものの粘りが出てきた。 火曜日からは引き続きナゴヤドームで広島との3連戦である。
くどいようだが、目の前の試合に勝つことである。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。