まだ届く。

中日8-1広島 17回戦 勝投手バルデス(3勝8敗) 負投手ジョンソン(9勝6敗) 


今日のバルデス6回を1失点よく投げてくれた。打つ方では3回ウラにルナのタイムリーにエルドレッドのまずい守備もあり2点取った。なかなか追加点が取れず、6回表に1点取られ1点差とされるが、不思議とそんなに怖くなかった。たぶんこのところ浅尾、山井といったところが安定してきたせいだろう。 案の定7回浅尾、8回山井がともに三者凡退で無失点に抑えた。あとは9回の田島だ。
できれば8回ウラに1点、欲を言えば2点欲しいところだ。


そんな声が聞こえたかどうか知らないが、(たぶん聞こえてないでしょう、聞こえてたら大変なことです)一気に6点取ってしまった。いやいやいや、誰が6点も取れと言いました? これで田島を使わずにすみ、今日登録されたばかりの朝倉が投げることになった。朝倉、今の時期に1軍に呼ばれた意味を自覚しているのかどうか知らないが、3人で片づけた。


今日勝って4連勝だ。47勝61敗 残り33試合 目標は28勝5敗だ。
正直言うとかなり苦しい数字だ。驚異的な追い込みが必要である。どれくらい驚異的かというと、2000年根岸ステークスのブロードアピール並みの追込みが必要である。


先のことを考えると絶望的になるが、絶望的にならない考え方がある。とりあえず目の前の試合を勝つことである。今日の1試合だけだったら頑張れば勝てるかもしれない。
そして運よく勝てたら、また次の日、その試合だけは勝つことである。そしてまた次の日…これを繰り返すのである。 この考え方を数学的帰納法という。学生時代勉強したことが、今ここで役立とうとしている。


明日の先発は、中日大野、広島野村である。浅尾、山井が連投になっているので、大野には完投して欲しい。自ら中継ぎを休ませるのも仕事と豪語していたくらいである。最低でも8回まで投げてもらえると助かる。そうすれば今日打線が8回に6点取った意味が出てくる。 打線の方は3回までに2点、5回1点、7回1点といったような取り方をしてほしい。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。