杉山が攻守に利いている。

中日5-2広島 18回戦 勝投手大野(10勝7敗) 負投手野村(4勝7敗)セーブ田島(3勝5敗7S)


大野8回1失点 ようやく待望の10勝目を手にした。これで少し気が楽になりこの先は大野自身3連勝位しそうな気がする。完投できればベストであったが、連投の浅尾、山井を休ませることができ、十分な仕事をしてくれた。


打線の方は4回に2アウトランナーなしから7番遠藤ヒットのあと盗塁で2アウト2塁、8番杉山のタイムリーヒットで1点取った。非常にそつのない攻撃で強いチームの点の取り方だ。このとき杉山2塁を欲張ってアウトになったが、次がピッチャーだけに、ピッチャーまで回して、5回の攻撃を1番から始まる流れにしたかったところではあるが、積極的な走塁だけに責められない。


6回ウラはツキもあった。先頭打者の4番平田がヒットで出ると、5番和田の当たりはサードへの強い当たり、記録は強襲ヒットであったが、うまいサードならダブルプレーになっていたところで、紙一重であった。ノーアウト1塁2塁でバッター6番エルナンデス、本当なら確実にバントで送りたいところだが、2球バントファウルになり追い込まれてしまう。普通こういうケースでは、打たせてもろくな結果が出ないのだが、年に何回かはヒットが出てしまうこともある。 そのうちの1回が出た。望外な3塁打となり2点追加、中日3-0広島。大野の出来から見て、ぐーと勝ちに近づいた。
しかしこの後ノーアウト3塁のランナーを返すことができず2点どまり。
これはいけない、取れるときに取っておかないと…今シーズン何度も経験した。


8回表に広島に1点返され中日3-1広島。以前の中日なら少し気持ちが悪かったが、最近は後ろがしっかりしてきておりこの2点差でも良かったのだが、8回ウラに森野のヒットで2点追加することができた。 1点取られた後だけに2点取ったのは良かった。最近流行の言葉でいうなら「倍返しだ!」 いやいや、今どき誰も口走っていないでしょう。


この2点、正直言うとありがた迷惑な気持ちもほんの少しあった。もしかすると9回2点差で田島と決めていたのに、4点差となり他のピッチャーを出して、そのピッチャーが打たれて、相手に勢いがつき、この後誰が出ても抑えられなくなるというケースを何回か見てきた。もちろん昨日のように大量得点差がついていればいいのだが、4点差はやや微妙だ。 


案の定岡田が出てきた。岡田はずーっと安定しており、先頭の丸も左打者で、最初から丸のところは岡田と決めていたならいいのだが、4点差になったので急遽岡田にしたのであれば、気の毒だった。要は気持ちの問題なのだ。きょうは出番がないと思って、気持ちが切れてしまってからマウンドに立っても、なかなか良い結果を出すのは難しい。
結局、岡田の残したランナーを、田島が犠牲フライの1点だけでおさえセーブをあげた。


大野が8回まで投げて、4回6回8回と得点をあげて、昨日の記事で書いたような試合展開であった。ドラゴンズの選手監督全員がその日のゲーム展開をイメージしてどのように相手より1点でも多くとって勝ちきるかを考えて試合に臨むことである。
もちろんイメージ通りには進まないが、それを修正しながら、理想に近づけていけば、行き当たりばったりで試合をするより、戦略的にゲームを進めていけるはずである。


きょうで5連勝だ。 48勝61敗 残り32試合 27勝5敗が目標だ。
明日から鬼門の神宮でヤクルトと3連戦だ。先発はヤクルトロマン、中日ネイラーだ。
ここまで来たら、鬼門だの水戸黄門だの関係ない。 幸いにも杉山の内角を攻めるリードもさえている。思い切って内を攻めていって欲しい。


ととのいました(だから今どき誰も言わないって) 水戸黄門とかけて、杉山のリードとく。 そのこころは、インロー(印籠)が決め手です。
結局それが言いたいために、鬼門から無理やり水戸黄門を持ってきたんだろう というツッコミが聞こえてきそうだ。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。