最下位脱出 程度で喜んでいてはいけない。

DeNA3-4中日 18回戦 勝投手小熊(1勝1敗) 負投手山口(3勝5敗) セーブ田島(4勝5敗8S)


昨日の試合で、山井、浅尾、田島が2イニングづつ投げており、先発投手には1回でも多く投げてほしかったが、小熊8回途中まで3失点に抑え期待以上の回答を出してくれた。


先制したのは中日、2回表先頭打者の4番平田が初球のストレートをレフトスタンドにホームラン。やはり4番バッターは積極的にどんどんいって欲しい。
しかしそのウラ、ロペスにホームランを打ちかえされ同点に追いつかれた。DeNA1-1中日。


4回表先頭の2番亀澤のサードゴロをバルディリスがエラー。ノーアウト1塁、3番ルナの打席の時にパスボールだか、ワイルドピッチだかでノーアウト2塁。ルナ四球に暴投が重なりノーアウト1塁3塁。相手が勝手にこけていく。強いチームの流れになってきた。ルナ盗塁でノーアウト2塁3塁、ビッグチャンスだ。4番平田はファーストゴロで1アウト2塁3塁。ここで今日5番に入った森野が貴重なセカンドゴロを打ち、DeNA1-2中日、勝ち越した。2アウト3塁から最近タイムリーヒットを打ちまくっている6番エルナンデス、しかしそうも毎回毎回打てる訳もなく、ここはファーストゴロに倒れた。


次の1点がどちらに入るかがカギだったが、6回表先頭打者の3番ルナが珍しく初球のストレートを打ちにゆきホームランを放った。DeNA1-3中日。ルナはもっともっと初球から振っていった方がよい。今までもずいぶん甘い球を見逃してきている。


7回表中日に追加点が入る。先頭の7番藤井がヒット。期待をかけていない時の藤井はよく打つ。ノーアウト1塁から8番杉山はショートフライに倒れたが、9番小熊が送って2アウトながら2塁。1番大島はショートへの内野安打で2アウト1塁3塁。2番亀澤がレフトへタイムリーヒットDeNA1-4中日。この1点が大きかった。
大島、亀澤の1,2番コンビ、ここにきてやっと機能し始めている。3番ルナはいい当たりのセカンドライナーでチェンジ。


DeNAの反撃は8回ウラ、先頭の8番白崎が初球をヒット。ノーアウト1塁から代打下園が2塁打でノーアウト2塁3塁のビッグピンチ。1番梶谷のファーストゴロで1点取りなおも1アウト3塁。小熊はここでマウンドを降り、リリーフは1軍へ帰ってきたばかりの又吉。2番松本は犠牲フライでDeNA3-4中日、分からなくなった。


9回ウラは誰が投げるのかと思っていたら田島が出てきた。昨日2イニング投げているのでやや心配だ。しかしそんな心配をよそにランナーは出したものの無失点で抑えた。


今日勝って52勝62敗 残り27試合 23勝4敗が目標だ。
明日はDeNA石田、中日大野の両左腕投手の対決となった。
田島が連投になっているだけに、大野には完投して欲しい。それには野手陣の援護が必要だ。昨日、今日のように4点位とってほしい。大野には2失点以内で完投してもらいたい。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。