大野2ケタ勝利リーチ、一発で積もってしまえ。

中日9-4ヤクルト 12回戦 勝投手若松(3勝1敗) 負投手小川(4勝6敗)


今日の試合、勝因はもちろん若松の好投につきる。7回1失点見事であった。
これで5試合連続6回以上投げいづれも1失点以内に抑えている。安定感抜群である。
大野に次ぐ2本目の柱である。


打つ方では周平、先制のツーランホームラン、若松がよかっただけにこの2点で試合の主導権をとれた。2アウトランナーなしから平田がスリーボールノーストライクからヒットを打ち、その後の周平が2球目のど真ん中のカットボールをライトスタンドに運んだ。4回ウラの、周平の押し出しと、大島のタイムリーの2点も利いた。


評価できるのは、ここまでか、せいぜい5回ウラの先頭打者の亀澤の3塁打までである。
その後の攻撃は押せ押せで、プレッシャーもかかることなく、気楽に打てる場面だけに私自身はそれほど評価していない。もちろん森野の9点目の犠牲フライなど、もっと打たなきゃいけない場面で打っておけよと言いたい位だ。


今日のような周平のケースで、解説者が、1打席目のホームランもですが、むしろ2打席目の押し出し四球、3打席目のタイムリー、4打席目のヒットがよかった。といういかにも玄人らしい発言をする方が多いですが、やはり1打席目のホームランが1番価値があるのは明白である。 これがあったから、あとの打席も気持ちが楽になり、力が抜けてヒットが出やすくなるし、試合が決まってからの追加点より、先制点の方が数倍価値があるに決まっている。
決して、試合が決まってから打つなと言っている訳ではなく、もちろん打たないより打った方がいいのだが。


あと、最後の9回表は藤井のエラー絡みで野村が点を取られたが、「藤井が捕れなきゃ、誰も捕れない」 あれっ?藤井じゃなかったけ? サヨナラホームランの余韻がかすかに残っているうちに、やらかすとは、さすが藤井である。 野村にはちょっと気の毒であったが、今度借りを返してもらうがよい。 藤井、忘れるなよ。


明日の先発は中日大野、ヤクルト山中のオールスター前、最後の戦いである。
山中は右の下手投げだけにやはり左バッターに期待したい。周平の2試合連続アーチというのも悪くない。また、こういうピッチャーの攻略方法は右バッターならセンターから右方向へ打つべしと野球の教科書に書いてありそうだが、ルナ、平田の教科書通りのバッティングにも期待したい。 
大野も明日勝つと10勝目でキリがよいので、勝っておいた方がよい。関西出身だが完投でもよいし、オールスター休みに入るので、リリーフ陣を贅沢に使ってもよい。
中日3-1ヤクルト 位がいい意味で緊張感もあってよいのではなかろうか。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。