あきらめるのはまだ早い。

巨人9-5中日 23回戦 勝投手田原(1勝0敗) 負投手若松(7勝3敗)


先手を取ったのは中日、3回表先頭打者の8番杉山が2塁打、ノーアウト2塁は最も大量点になりやすい。次の9番若松はバントで送りたいところだったが、四球でノーアウト1塁2塁となった。
1番大島はバント失敗で1アウト1塁2塁。
2番荒木は四球で歩いて1アウト満塁。
3番ルナの内野ゴロの間に1点入りなおも2アウトながら1塁2塁。
4番平田はサードゴロでチェンジかと思われたが、悪送球となり荒木が帰って巨人0-2中日 2アウト1塁3塁。
5番和田が3ランホームランで巨人0-5中日。


3回ウラ巨人の攻撃、先頭打者の1番立岡はファーストゴロに打ち取ったが2番片岡にホームランを打たれた。
この後、坂本、阿部と連続ヒットを打たれ1アウト1塁2塁、5番長野はエルナンデスの横を抜けセンター前のタイムリーヒット。巨人2-5中日 1アウト1塁2塁。
6番亀井もヒットで続き1アウト満塁。
7番村田はフルカウントから押し出しフォアボールだったが、最後のボールはバッテリーとしたらストライクとコールして欲しい微妙なボールだった。巨人3-5中日。
8番アンダーソンは三振に取ったが、2アウト満塁から代打隠善の当たりは、1塁手福田のミットをはじき、セカンド荒木のカバーもボールが手につかず2者生還して巨人5-5中日。追いつかれた。


この後、6回ウラに村田のホームランで勝ち越され、8回には浅尾が3点取られ、終わってみたら巨人9-5中日。


ラッキーな得点で巨人0-5中日となったときは、勝ち運のある若松でもあり、勝てるんじゃないかと思ったが、さすが巨人である。選手全員から勝ちたいという気持ちが伝わってきた。


よもやの巨人戦3連敗となった。
53勝65敗 残り23試合 22勝1敗が目標だ。
11連勝 1敗 11連勝 まだ、あと一つ負けられる。
今日の巨人みたいに大差をつけられてもあきらめないことが大事だ。


火曜日からはナゴヤドームに戻ってDeNAとの3連戦だ。
ここまで来たら、先発が投手がどうのこうのと言っている場合ではない。
目の前の試合に勝つだけだ。


ここから22勝すれば、優勝まであるかもしれない。
そうすれば後世に言い伝えられる伝説のシーズンになることであろう。
そんな伝説になり得るチャンスを無理だと思ってあきらめるか。
結果はともかく、挑戦してやろうじゃないかという選手がはたして何人いるか。


球場に足を運んでくださったファンが、今日のチケット代は安かった、来てよかった。そう言っていただけるような、ゲーム、プレーを続けていって欲しい。


奇跡を起こせ、伝説になれ、まだあきらめるのは早い。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。