それでも、ドラゴンズを応援する。

広島4-0中日 10回戦 勝投手ジョンソン(7勝3敗) 負投手山井(3勝7敗)


1回表 先頭打者大島がヒットで出塁、今日2番に起用された荒木が期待に応えて連続ヒットでノーアウト1塁2塁、バッター3番森野。 この試合で唯一盛り上がり、唯一勝ち試合にするチャンスの場面であった。
ベンチは森野に送りバントのサインをだし、1球目2球目とバントがファールになり追い込まれてしまった。この後ボールを3球見極め、フルカウントとなった。
ベンチの作戦は、ランエンドヒット、ボール球なら四球で満塁、ストライクならなんとか内野ゴロでランナーを進めて1アウト2塁3塁の形を作りたかった。
ランナーが走っていなければもしかしたら見逃せたかもしれないアウトコースのボール球を空振りして三振、走っていたランナーも3塁で刺されて2アウト2塁となった。
4番ルナはこの悪い流れに乗ってショートゴロで3アウトチェンジとなった。


この後、3回ウラ広島4番新井のツーランホームランで2点先制、広島2-0中日。
5回ウラ3番シアーホルツのタイムリー、5番エルドレッドのタイムリーで2点を追加され、広島4-0中日となり、中日はこの後も全くいいところがなく負けた。


中日 3番森野4打数0安打 4番ルナ4打数1安打 5番和田2打数0安打
広島 3番シアーホルツ3打数2安打1打点 4番新井4打数2安打2打点 5番エルドレッド3打数1安打1打点


広島はチャンスでクリーンアップがしっかり仕事をしている、今日ノーヒットであった2番菊池は3回にはノーアウト1塁からきっちり送りバントを決め、新井のツーランホームランを呼び込んだ。また5回はノーアウトランナー1塁2塁からライトフライを打ち上げ、タッチアップで1アウト1塁3塁の局面を作り最低限の仕事はしている。


広島は、一人一人が自分の役割をこなし、組織として戦っている。一方中日は打線のつながりが全く機能していない。これでは勝てる訳がない。
特に森野は今までは山井が登板したときは、かなりの確率で活躍していたのだが、最近はむしろ足を引っ張っている印象さえある。和田は相変わらず併殺キングぶりを発揮し、エルナンデス、杉山あたりに毎試合打てというのは酷である。


今日の負けで借金が9になったそうだ。しかしがっかりする必要はない。決して返せない絶望的な数字ではないのだ。あきらめない限り、まだまだチャンスはある。
次の1勝は10連勝の始まりの1勝かもしれない。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。