豊橋以外でも打ちました。

中日2-0広島 13回戦 勝投手福谷(3勝3敗18S)負投手中崎(0勝5敗11S)


また、この男がしでかした。人呼んで必殺ダメ押し人。先の阪神戦で、2試合連続で阪神の息の根を止める貴重なダメ押しタイムリーを打った。にもかかわらず、次の試合ではスタメン落ちで、どうして使わないのだ、と当ブログでも言ってきた。
今シーズン豊橋で2年連続で大仕事をやってのけた。でも次の試合スタメン落ちだった。それでも、くさらずに与えられた場面ではしっかり仕事をしてきている。


潜在能力は人並み外れたものを持っている。ときには大チョンボをやらかすこともある。そして忘れたころに大仕事をする。 憎めない男だ。 もしかしたら1番中日らしくない選手かもしれない。 けど、見ていて1番ワクワクする選手だ。 


昨日のブログ記事で、今日の中日山井、広島福井、どんな展開になるか全く予想がつかないと記した。その通りの試合展開になった。


3回に、山井が會澤の頭に死球を与え、危険球退場となった。このあと中継ぎ陣がよく抑えた。中日も何回かサヨナラのチャンスをつぶし、ストレスの残る試合展開だった。
12回ウラ 最後の攻撃も2アウトランナーなし。バッター桂 正直引き分けかと思った。しかし桂が出塁して分からなくなった。代走荒木、よく荒木を残していたものだ。 次のバッターは途中出場している藤井だ。 ここは常識的には、荒木に走らせて、2アウト2塁の形から藤井のヒットに期待をする。これが得点する確率が最も高いであろう。 当然荒木が走るまで藤井はウエーティング。相手投手は盗塁を警戒してストレート系が多くなる。 ツーボールノーストライクとなった。
荒木ここまで走るぞ走るぞと相手を警戒させ藤井有利のカウントにした。これが大きかった。 荒木が藤井の目を見た。(次は必ずストライクを取りに来る、思い切って打て) 藤井には荒木の気持ちが伝わっていた。長年一緒にやってきている。目を見ただけで何を考えているか分かりあえる。
3球目、真ん中やや低めにスライダーが来た。得意なコースだ。振りぬいた。
ライトスタンドに打球が吸い込まれた。サヨナラホームランだ。
今このチームで1番サヨナラホームランが似合う男だ。
必殺ダメ押し人から必殺仕事人になった。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。