役満狙い。

阪神3-1中日 18回戦 勝投手能見(9勝9敗)負投手雄太(0勝2敗)


盛り上がりのない試合であった。
1回ウラ雄太の立ち上がりに集中打を浴びせ阪神が一挙3点を取った。結局この3点が試合を決めるという、ドラマ性のかけらもない試合展開だった。中日の唯一の得点は4回表2アウト2塁から和田のタイムリーで1点を取った場面のみ。
ここもノーアウトで大島が2塁打を打ち、うまくいけば大量点を取るチャンスだったのだが、ルナが左方向へ内野ゴロを打ちランナー釘付で1アウト2塁。その後の平田も左方向へ内野ゴロでランナー釘付けで2アウト2塁。これは点が入らないのかと思ったら和田のタイムリー。よく分からないのである。点が入っても何か盛り上がらない入り方である。ノーアウト2塁だったら、最低でも1アウト3塁にして、大島の足なら外野フライならもちろん、ボテボテの内野ゴロでも1点入りそうだという、ワクワク感みたいなものが欲しい。


結局、この1点のみでこの先ランナーは出すが得点できず、7回表にはエルナンデスが牽制球で飛び出してしまいタッチアウト。これでは盛り上がりようがない。
もう勝とうという気持ちがなくなってしまったのだろうかと思ってしまう。


今日負けたことにより、43勝58敗 残り40試合 目標は32勝8敗だ。
勝率8割、4勝1敗ペースでいかなければならない。 マジック32だと思えばよい。
ソフトバンクなんかマジック33なのだ。 もっともソフトバンクの場合はマジック対象チームが負けてもマジックが減るが中日は自分が勝たないかぎり減らないのだが。


明日は阪神メッセンジャー、中日バルデスが先発予定だ。 やってみなければわからないが、今の雰囲気だけでいうと、8割方負けそうな雰囲気である。
赤坂、福田、藤井、といった選手を出さない限り勝てないような気がする。もちろん彼らを使っても負けるかもしれないが、和田、森野、エルナンデス、では3打数1安打、4打数2安打位は打つかもしれないが、ドラマが起きそうな気がしないのである。


麻雀でいうとハコテン近くになって1000点2000点で上がってもしょうがないのである。少々無理でも役満、最低でも満貫を狙える役作りをしていかないとだめなのだ。危険パイと分かっていても放銃覚悟で打たなければいけないのだ。
どうせ普通にやったら、優勝できないのだから、思い切った手を打ってほしいものだ。役満は狙わなければ上がれない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。