マジック32で足踏み。

阪神4-1中日 20回戦 勝投手福原(6勝3敗) 負投手又吉(5勝5敗)


先制され、途中で追いつき、8回ウラに勝ち越され負けるという、昨日の試合と同じような展開だった。大野は7回1失点に抑えたが、完全に勝ち運から見放されたというか、ドラゴンズのチーム自体から勝とうという気持ちが伝わってこないのが悔しい。


8回ウラは又吉がつかまった。ホームランを打たれた後2アウト満塁でバッター左の今成、ここは左投手にチェンジの場面であろう。もちろん又吉がこのまま抑えるかもしれないし、左投手に代えたところで打たれたかもしれない。しかし結果はともかく、要は確率である。どちらが点を取られる確率が低いかを考えたとき、今シーズンの又吉の左バッターに相性の悪いことを考えればおのずと答えは出てくるはずである。
負けるにしても、やることをやって、打つべき手を打って負けるべきである。


ベンチの谷繁の表情がアップで映ったとき、覇気が全くなかった。精神的に相当疲れている様子である。 ここのところ全く当たっていない遠藤と大島を相変わらず1,2番で使ってきている。和田は外してきたが、森野も元気がない。ルナとエルナンデスはよく分からないが、使い続けなければいけない理由でもあるのか。
せめて赤坂は使い続けるべきであろう。


今日負けたことにより、43勝60敗 残り38試合 目標は32勝6敗だ。
勝率8割4分以上が必要だ。明日からはナゴヤドームで巨人との3連戦だ。
中日ネイラー、巨人ポレダの両外国人投手が先発予定だ。
何度も言うようだが、目の前の試合に集中して欲しい。シーズンはまだ終わっていない。信じれば必ず奇跡が起こるとは言わないが、奇跡を起こした者は最後まで奇跡を信じ続けた者たちである。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。