データーから見た典型的なゲーム。

今日のDeNA対中日の試合は4対3でDeNAの勝ちであった。中日は今日が40試合目でここまで19勝21敗である。
最近の20試合は7勝13敗。ほぼ1勝2敗ペースである。
この20試合の得失点と勝敗を調べてみた。

得点から見た勝敗        失点から見た勝敗
得点  試合数  勝敗     失点  試合数  勝敗
 0             1   0勝1敗     0    0    -
 1             3   0勝3敗     1    4   4勝0敗
 2             3   0勝3敗     2    2   2勝0敗
 3             9   3勝6敗     3    2   0勝2敗
 4             0    -         4    5   1勝4敗
 5             1   1勝0敗     5    5   0勝5敗
 6             1   1勝0敗     6    1   0勝1敗
 7             0    -         7    0    ー
 8             0    -         8    1   0勝1敗
 9             2   2勝0敗     9    0    ー

 計   20               20
合計得点74点  3.7点/試合   合計失点73点  3.65点/試合



このデータからみて、得点が2点以下の場合は0勝7敗、逆に失点を2点以下に抑えた場合は6勝0敗である。 5点以上取れば4勝0敗、4点以上取られた場合は1勝11敗である。
ある意味当たり前に近い数字が出ている。
問題は3点の場合である。3点取った場合は3勝6敗、3点取られた場合0勝2敗。
今の中日の現状は3点取っても勝てないが、3点取られると負けるということである。
得点の平均点が3.7   モードが3点     メジアンが3点
失点の平均点が3.65    モードが4点と5点 メジアンが4点



これらをまとめると今の中日は1試合当たり3点取って4点取られる確率が1番高そうであるということが言える。
したがって本日の3対4という点数は、まさにデータ通りの試合結果と言えるだろう。

今後は得点をあと1点多くとって、失点を3点に抑えるというゲームを増やしていけばおのずと勝つ確率も上がってくるであろう。
こうしてみると1点の重みと言うのがよく分かる。取れる時に取れないと負ける確率が高くなるのも明白である。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。