大野、やってくれたなっ。

本日の試合 中日x阪神 11回戦 勝投手 大野(5勝1敗) 負投手 能見(2勝5敗)


今日の試合のポイントは8回表だ。ここまで1対0で中日リード、しかし中日ファンなら誰もが、またやられるちゃうか?と不安に思いながら戦況を見ていたことと思う。
案の定、先頭の上本に粘られこの試合初めての四球を与えてしまった。代打俊介に送りバントを決められ1アウト2塁で代打関本、嫌な予感がしてくる。関本死球で1アウト1塁2塁。バッターは代打狩野、今の阪神では代打の切り札だ。 長打が出れば一気に逆転、だが塁が詰まったことによりゲッツーという目も出てきた。
ここで谷繁がマウンドへ。いいタイミングだ。
谷繁「どうした、へばったか?」
大野「大丈夫っす!」
谷繁「当たり前だ、最後まで行くぞ!」
大野「そのつもりっす!」
こんな会話が交わされたかどうかは知らない。


結果は、いい当たりのショート真正面のゴロ、おあつらえ向きだ。6-4-3の絵にかいたようなダブルプレーだ。魔の8回を乗り越えた、この試合もらった。


9回表もちろん大野続投、またもや先頭打者を四球で歩かす。おいおい、この試合もらったはずだったが。大和が送って1アウト2塁。バッターは鳥谷。ここまでノーヒットとはいえ怖いバッターだ。しかしここは空振り三振に打ち取りあと1人だ。バッターはゴメス、ストレートの四球で2アウト1塁2塁だ。バッターはマートン、中日ファン全員が神に祈る思いだ。コースは甘かったがセンターフライに打ち取った。ゲームセット、…勝った。


今日の勝ちは大きい。大野は前回4点取られても6点取ってもらって勝ち投手。きょうは1点しか取ってもらえず相手をゼロに抑え勝ち投手。野手との信頼関係ができてきた。
明日は吉見と岩崎。左投手だけに今日と同じスタメンかもしれない。バッター陣よもう少し点を取ってやってくれ。








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。