してやられたり。

中日x巨人 7回戦 先発は中日吉見(3勝0敗)巨人ポレダ(4勝1敗)
きょうは相手の先発が左投手であったが、谷繁珍しく亀澤、ナニータといった左打者を使ってきた。
ナニータはここのところ好調であり、亀澤もしっかり仕事をこなしているうえに荒木は先日の代打で出てきて送りバントができなかったことからも当然かもしれない。



このゲームまず最初のポイントは2回ウラ、ノーアウト満塁でエルナンデスの併殺打の間の1点の場面。中日側としてはノーアウト満塁なのでできれば最低でも2点くらい欲しいところ、ただし、エルナンデスが倒れると8番9番の打順で無得点という可能性もある。そういった意味では1点取れたことは満足ではないが、最低限納得のいく結果ではなかろうか。一方巨人側としては、もちろん無得点で抑えれば最高だが、1点で済めば想定の範囲内であろう。
ということで、この局面どちらにとっても、まあ仕方ないかといった、痛み分けのような結果かもしれない。



その後巨人が地味に1点づつ得点し2対1と逆転。
中日は7回ウラにエルナンデスのホームランで追いつく。

次のポイントは8回表巨人の攻撃、この回からピッチャー浅尾に代わったがいきなり先頭長野が内野安打、2番片岡送りバントで1アウト2塁バッター亀井。絶対に甘いところには投げないという感じで四球。1アウト1塁2塁。4番坂本は内野ゴロで2アウト1塁3塁。バッター左のアンダーソンのところでピッチャー左の聡文。昨日予想した通りの展開になってきた。坂本が盗塁し2アウトながら2塁3塁。ここで打たれるか抑えるか大きなポイントだ。ここは聡文がセカンドゴロに仕留め巨人の大きなチャンスを封じた。



こうなれば、普通は中日に流れが来る。8回ウラ先頭の大島ヒットで出塁し、2番亀澤が送りバントで1アウト2塁。きっちり形ができた。しかし3番平田ショートフライでランナー釘付。もっとも2アウトでランナーが大島なので2塁と3塁でそれほど大きな差はないが。4番ルナは敬遠で2アウト1塁2塁。バッターはナニータ、ここは相手が左投手でもスタメンに使ってもらった谷繁監督のためにも1本打ちたいところであったが、フライアウトとなった。両チームとも決め手に欠ける展開だ。


そして9回表、聡文がイニングまたぎでマウンドへ。今年の中日は中継ぎがイニングをまたいだときはあまり良い結果が出てないような気がする。案の定左の阿部にヒットを打たれる。代走に鈴木。嫌な流れだ。走られてバントで1アウト3塁という形をつくられるのが嫌だ。と思っていたら橋本に送りバント。正直ありがたいと思った。1アウト2塁でバッター寺内。フォークをとらえられヒットを打たれる。2塁ランナーの鈴木がホームをつけなかった。まだツキは残っている、しかし1アウト1塁3塁の大ピンチだ。ここでバッターは代打矢野。このまま聡文対矢野の勝負にするか、あるいは右投手に代えるか。ベンチの判断はピッチャー交代で田島。すかさず巨人は代打の代打で由伸。
途中1塁ランナーが2塁に進み2アウト2塁3塁の大ピンチ、3ボール1ストライクとなったところでてっきり歩かせるものだと思っていたら、ど真ん中にストレートを投げ勝ち越される。歩かせる手はなかったのかなあ。やっぱり押し出しが怖かったのだろう。
このあと長野にランエンドヒットで内野ゴロの間にもう1点追加。この1点は痛かった。特に内野ゴロで取られただけに精神的にもきつい。原監督見事な采配。敵ながらあっぱれである。



9回ウラ1アウトからエルナンデスがライトへヒットを打つも2塁をよくばりアウトとなった。2点差だけに1塁で止まっている手もあったが、この走塁は責められない、相手の橋本を誉めるべきであろう。という訳で攻撃ではエルナンデスが一人でかき回していた感があり、特にライト橋本にしてやられた感がある。守りでは左バッター対策が課題となった。やはり巨人相手には左ピッチャーの良し悪しがポイントになりそうだ。
明日は大野対杉内の両左腕投手の対決だ。


明日の予想 2対1 中日勝利 大野完投 勝利打点福田


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。