負けるべくしての負け。

きょうの先発は阪神岩田、中日山井、ともに防御率が3点前後の投手なので、4点取れば勝機あり、2点しか取れなければ苦しくなる、そんな展開になるのではと思っていたらその通りになってしまいました。
きょうの 試合のポイントは4つありました。

まず1回表中日の攻撃、荒木のヒット、平田のタイムリーで1点先制して、なおも1アウト3塁でバッタールナ。ここが最初のポイントでした。ルナはストライクだろうがボールだろうがほとんど初球を打ちません。結局追い込まれてワンバウンドのフォークを空振りしてしまいました。できればこの場面外野フライか、ボテボテの内野ゴロを打ってほしかった。

そして、その裏阪神の攻撃、2番上本がヒットを打って、1アウト1塁でバッター鳥谷。カウント1-1からランナーを走らせ内野ゴロで2アウト2塁の形を作りました。
ここが2つ目のポイントです。この後のバッターにヒットが出るか出ないかは結果論ですが、最近の鳥谷は余り当たってなく、調子のよくないバッターにエンドランのサインを出してやるのは迷いなく振ることができるので良い作戦だと思います。
結局 次のゴメスにタイムリーヒットが出て同点になりました。

この後の鳥谷の2打席目、3打席目、いづれも上本がランナーに出ていましたがすべて走らせ鳥谷に打たせています。
正確にはヒットエンドランか、バッターは見逃しても打っても良いランエンドヒットのサインなのか分かりませんが、4打席目に3塁打が出たこともあり明日の鳥谷要注意かと思います。



3つ目のポイントは6回裏2アウトランナーなしから3点取られてしまいます。野球は2アウトからと昔の人は言いました。 ちょっと前にどこかで似たようなシーンを見た覚えがあります。2アウトからマートンにヒットを打たれたのは仕方ないかもしれません。次の伊藤に対してもヒットを打たれるなとは言えません。
2アウト1塁3塁でバッター8番梅野、次はピッチャーですから、くさいところをついてフォアボールも致し方ないところです。 
やはりピッチャーとはいえバットを持っている以上打つ可能性はゼロではないので真ん中にスライダーを投げてはいけません。完全な失投でしょう。



最後のポイントは8回表ノーアウト1塁2塁でバッター福田の場面。2点差ですから本当はバントで1アウト2塁3塁の形を作りたいところですが、福田にバントはありません。結果、福田三振のエルナンデス併殺で無得点でした。ここは相手投手がよく抑えたというしかないでしょう。


結局、勝負所であと1本が出たチームと出なかったチームが明暗を分けたゲームと言っていいでしょう。明日は阪神岩崎、中日バルデスのともに左ピッチャーが先発です。
できれば早い回に得点を重ねて、バルデスに初勝利をあげさせてやってほしいです。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。