誰もが予想した試合展開。

野球は2アウトからと昔の人は言いました。

まさか2日続けて同じフレーズを書く羽目になるとは思いませんでした。

9回裏簡単に2アウトを取った場面では、やっとバルデス初勝利かと中日ファンなら誰しも思ったことでしょう。しかしゴメスにヒットが出てなんとなく嫌な感じがしたのは私だけではないかと思います。

バッターは左の福留でしたが、ここでピッチャーが福谷に代わりました。おそらく中日ファンの半数はこのままバルデスでいった方がええんちゃうか?と思ったことでしょう。

そんな中日ファンの期待通りに?福留に四球、さらにパスボールの大サービスで2アウトながら一打逆転サヨナラの場面です。結局マートン四球で2アウト満塁。

ここで代打関本に対してピッチャー又吉。ドタバタドタバタという音が聞こえてきそうです。

案の定、関本に押し出し四球。もうここで勝負ありです。次のバッターは先程ホームランを打って乗っている新井良太です。せっかく0-2と追い込んだのですが、四球が怖くてストライクゾーンに投げ続ければそりゃー打たれますわ。



この試合のポイントは5回表と7回表の中日の攻撃にありました。

5回は先頭の谷繁が2塁打。次はピッチャーのバルデスですがなんとか1アウト3塁の形を作りたいところです。当然バントですが、ピッチャーの真正面で谷繁は自重して(この判断は正解と思いました)1アウト2塁となりました。

ランナー谷繁でバッターはピッチャーですからこの結果は仕方ない部分もあります。

問題は次の大島です。ボール気味の2球目を簡単にショートフライを打ちあげてくれました。ランナー釘づけです。ここは最悪でも右に引っ張って少なくとも2アウト3塁の形を作り、谷繁の足でもワンヒットで帰れる局面にするべきです。

荒木が凡退したので結果的にあまり関係ないようですが、強いチームはこういうところがきっちりできています。最後ヒットが出る出ないは別にして、とりあえず点が入りそうな形をつくっていきます。



7回表は先頭のエルナンデスがヒットで出塁し、谷繁が送って1アウト2塁。

ここまではきっちり形ができています。次はピッチャーのバルデスなので2アウト2塁で大島勝負と思っていたところ、バルデスに望外なヒットが飛び出し1アウト1塁3塁になりました。こうなれば何が何でも1点は取りたいところです。

次のバッター大島、ボール気味の初球を簡単にショートフライを打ち上げてくれました。ランナー釘づけです。ごく最近どこかで見たフレーズです。早いカウントから打つのは悪くありません。外野フライを打とうとしているのか、ボテボテの内野ゴロで点を取りたいのか(大島の足なら併殺の可能性は少ない)、意図がよく分かりませんでした。次のバッター荒木にヒットを期待するのは虫が良すぎます。点が欲しければ代打小笠原。もしくは荒木のままで得点をあきらめるかです。荒木がヒットを打つこともありますがそれは結果論です。



こういうことをやっていると、そのうち追いつかれると思ったのは私だけではないでしょう。2点差で逃げ切ろうなんて虫が良すぎます。8回に新井良太に1点差に詰め寄られるホームランを浴びたときには、多くの中日ファンがそら言わんこっちゃないと思ったことでしょう。


あとは冒頭の9回裏ですが、バルデスで行くなら最後まで投げさせる。

福谷なら9回頭から福谷と心中覚悟。


バルデスで最後まで行くと思いきや急遽福谷登板、あと一人が取れずに又吉緊急登板。

これだけ方針がブレては投げるピッチャーも動揺してしまいます。

できればこういうゲームは勘弁していただきたいものです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。